mosaki

Motoko TANAKA + Masaki ONISHI
communication / editing & writting / creative direction

HOME | プロフィール大西

更新日 2016-02-02 | 作成日 2016-02-02

/// Profile ///


大西 正紀・Masaki ONISHI
(編集者/建築家)



1977年、大阪府生まれ。鍵盤楽器の演奏者を断念し、音に関わる仕事に就きたいと、日本大学理工学部建築学科へ入学。間もなく設計デザインの虜となる。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了(高宮研究室所属)、修士設計“駿建賞”受賞。卒業後、渡英。2003-2004年、Ushida Findlay Architects(UK)勤務。2004年、mosaki共同設立。学生時代から設計に没頭する傍ら、“良いアイデアは浮かんだらすぐに実行する” をモットーに、スピードを持ってモノゴトを編集、発信することを基本に活動してきた。溢れるアイデアmosakiのプロジェクトとしてカタチに落とし込むべく企画、編集、ディレクションをホリスティックに束ねながら活動している。

・後藤繁雄 "スーパースクール"9期生。2004-2007年、日本大学理工学部建築学科助手。2007年-、日本大学理工学部建築学科NUフォーラム委員。2007-2009年、日本建築学会編集委員会委員。2010年、「けんちく体操マン2号」襲名。2011-2014年、日本建築学会建築教育委員会委員(市民啓蒙ワーキンググループ)。


・主な編集に『地域社会圏モデル』(2010|INAX出版)、『けんちく体操』(2011|エクスナレッジ)、建築家の絵本シリーズ(2011-|平凡社)、ウェブマガジン『雨のみちデザイン』(2012-|タニタハウジングウェア)など。


・近年は、mosakiがライフワークとしても取り組んでいる「けんちく体操」を世界へ広めためのツール作りにも、熱を注ぐ。

お問い合わせ

mosakiに関するお問い合わせは<こちらのアドレス>までお願いいたします.

message

「建築は建築以外のことに包まれて成り立っている。建築とその周辺を豊かに面白くしたい」mosaki(モサキ)は田中元子(建築コミュニケータ・ライター)と大西正紀(編集者・建築家)から成る、プロジェクト型建築系デザイン&編集ユニットです。私たちは「クライアントと人々とをつなげる、プレゼントのようなモノをつくりたい」と考えています。ハッピーかつクリエイティブで活き活きとした世の中に!!

blog & twitter

blog : http://mosaki.hatenablog.com

| Motoko Tanaka : http://twitter.com/hanamotoko

| Masaki Onishi : http://twitter.com/masaki_msk